管理栄養士の資格

管理栄養士の資格を取るためには、いったい何が必要なのでしょうか?ただ独学で勉強をして試験を受けるだけでは管理栄養士にはなれません。管理栄養士になるためには知っておくべき、学校を選びのポイント、受験に必要となる勉強科目や問題数、受験費用などをまとめました。

管理栄養士の資格

管理栄養士ってなに?

管理栄養士になりたい!と思ったとき、様々な理由があると思います。

病気の人を食事でサポートしたい、進学する際、両親に管理栄養士になることを進められたから、手に職をつけたいから。

理由は様々あると思います。 管理栄養士を目指すためには、まず管理栄養士ってどんな資格なのかを知っていきましょう。

厚生労働大臣が認定する国家資格

管理栄養士の資格は厚生労働大臣が認定する国家資格です。

この国家資格を取得するためには、年に1回(3月頃)に行われている国家試験の試験を受験し見事合格することで資格を取得することができます。

国家試験は、管理栄養士の国家試験の受験資格を持っている人しか試験を受けることができません。

傷病者や健康な方に対して専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理を行う

管理栄養士とは、傷病者や健康な方に対して専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理を行います。

栄養士よりもより専門的な業務ができることが特徴です。

管理栄養士の資格取得方法は?

管理栄養士の資格を取得するまでには、長い道のりがあります。通信教育などでは取得できない資格なので、どのように資格が得られるのかしっかり理解していきましょう。

管理栄養士の受験資格を取得できる大学に通う

この方法は最短で資格を取得する方法です。

国が定めている指定の大学に4年間通い、決められた単位を取得し卒業することで、管理栄養士の受験資格を得ることができます。

国家資格の受験対策がどの大学でも組まれているので、集中的に国家試験の勉強に取り組むことができます。

大学在学中は、勉強する時間も確保できわからないことがあれば先生や周りの友達に質問できる環境が整っています。

そのため、国家試験は新卒の合格率が非常に高いのが特徴です。

栄養士になり実務経験を積む

この方法は最短で5年ほどかかります。

国が指定している、短大や大学、専門学校で定められた単位を取得し卒業することで栄養士の資格を取得できます。

その後、卒業した学校により様々ですが実務経験※を1~3年ほど積むことで管理栄養士の受験資格を得ることができます。

※実務経験とは、実際に栄養士として働き、調理や栄養管理に関する仕事を行うことを指します。

栄養士から管理栄養士を目指す場合は、ほとんどの人が仕事と両立しながら勉強を行い試験に臨むことが多いです。

限られた時間の中で勉強を行い、栄養に関する情報がアップデートされても自分でキャッチアップしていく必要があります。

試験に1回で合格できる人はなかなか少なく、何年も挑戦してやっと資格を取得できた!という方も多いようです。

そのため、管理栄養士の受験では既卒者の合格率は新卒に比べるととても低いのが特徴です。

管理栄養士国家試験の出題科目は?

管理栄養士の国家資格の試験は、午前と午後にわかれ約1日かけて行われます。

どんな問題が実際の試験で出題されるのでしょうか?

全9科目(別途、応用力問題もあり)から出題

管理栄養士の試験は、全9科目と応用力問題という問題が出題されます。

広く深く出題されるので、満遍なく出題される科目の勉強をする必要があります。

社会・環境と健康

この問題は、健康とは何か、人間の健康を規定する要因としての社会・環境に関する基礎的知識を問う問題になります。

出題数は17/99問(午前の部)になります。

栄養学の歴史などが出題されるため、広く浅く勉強が必要になります。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

この問題は、人体の構造や機能についての理解が問われます。疾患や病態について基礎的知識を扱う問題になります。

出題数は27/99問(午前の部)になります。

問題数も多いので捨てにくい教科です。 一方で基礎をしっかり理解すれば点も取りやすい教科です。

食べ物と健康

この問題は、食品の分類や成分を理解し、人体や健康への影響に関する知識を問う問題です。

出題数は25/99問(午前の部)になります。

この科目も問題数が多く設定されています。

暗記をすれば解きやすい問題もあり、過去問に似た問題が出題されるのも傾向の1つです。

基礎栄養学

この問題は、栄養の基本的な理解が問われます。 エネルギーや栄養素の代謝についての基礎的な理解も必要です。

出題数は14/99問(午前の部)になります。

この科目は、難易度も低く比較的点が取りやすいため力をいれて勉強をすれば満点に近い点数を得ることができます。

応用栄養学

この問題は栄養状態や心身機能に応じた栄養管理の基本的な考え方についての理解が問われます。

出題数は16/99問(午前の部)になります。

この科目も比較的点数が取りやすい科目なので、勉強をした分だけ点数が取りやすいです。

栄養教育論

この問題は、栄養教育の意義や目的に応じた技法についての理解を問う問題です。

出題数は15/101問(午後の部)になります。

この科目は、過去の問題の出題傾向と似ている部分もあり、暗記もしやすい教科なので比較的点が取りやすい科目です。

臨床栄養学

この問題は、病気の人への治療や適切な栄養管理の方法についての基礎的な理解を問う問題です。

出題数は28/101問(午後の部)になります。

この科目は出題割合が一番多く正解数が少なくなると合否が危うくなる可能性があります。広く深く理解が必要な科目になります。

公衆栄養学

この問題は、日本や諸外国の健康や栄養問題に関する動向と栄養政策についての理解を問う問題になります。

出題数は18/101問(午後の部)になります。

栄養学の知識だけでなく、動向データを読み取る力も必要になります。

給食経営管理論

この問題は、給食の意義や給食経営管理についての理解を問う問題になります。

出題数は20/101問(午後の部)になります。

この問題は、基礎を理解すれば比較的点数が取りやすい科目になります。

午後の部では2番目に出題数が多いので、この科目で正解数を上げることが大切です。

応用力試験

この問題は、各科目から文章問題として出題されます。 食材の発注の計算や公衆衛生のデータを読み取る問題が出題されます。

出題数は20/101問(午後の部)になります。

毎年違った問題が出題されるため、対策が立てにくく受験生は最も苦戦する科目です。

受験の費用はどのくらい?

国家試験を受ける際には、もちろんある一定の費用が発生します。

受験手数料は6,800円

受験をする際には、「受験手数料」というものが発生します。 これらは、指定の口座などに料金を振り込むのではなく、受験手数料の金額に相当する「収入印紙」を受験願書に貼り納付することになっています。

資格の更新料はナシ

運転免許証などとは異なり、管理栄養士や栄養士の免許には更新制度はありません。(2019年現在) そのため、一度資格を取得すれば更新がなく永久に活用できる資格です。 ※結婚などで名字が変わった際には、免許の変更の手続きが必要になります。

手続き方法は?

管理栄養士の試験を受けたい!と思っても、どこでどうやって手続きをすればよいのでしょうか? 学生か社会人かで手続きが異なりますので、自分はどこで手続きを行うかしっかり把握しましょう。

学校で一括の手続きをする

学生の人は、大学が一括で人数分の願書の申請を行ってくれる場合がほとんどです。 願書を提出する時期が来ると、学校からお知らせなどがくるので学校の指定する期日までに提出すれば問題なく手続きが完了されます。

自分で手続をする

社会人の人など自ら願書を書く必要がある場合は、厚生労働省の管理栄養士国家試験の施行について記載されているページを確認しましょう。 必要書類は、基本は郵送をして手続きを行います。 書類の提出期間や受験票の送付時期など詳しく記載されています。書類の提出期間などは、毎年変更される可能性もあるため必ず確認しましょう。