管理栄養士の仕事

管理栄養士の仕事は「給食のおばちゃん」というイメージが強いですが、実は給食を作るだけが管理栄養士の仕事ではありません。また、幅広い分野の勉強をするので就職先もさまざまです。管理栄養士の資格を持っているとどんな仕事ができるのか?の疑問にお答えします。

管理栄養士の仕事

管理栄養士の仕事内容は?

管理栄養士は病気の方や健康な方を対象に、食事の管理や指導が可能になるので仕事内容も多岐に渡ります。

就職先によって求められるスキルや知識も様々です。

自分が希望する就職先にあったスキルをしっかりと大学などで学ぶようにしましょう。

病院で働く

この仕事は、病院や診療所などで勤めます。

病気の治療や病気の再発防止、合併症などの予防を意識しながら患者ひとりひとりに寄り添った栄養管理、栄養指導を行います。

また、医師や看護師、薬剤師などと一緒に医療チームを組むため、より専門的な栄養に関する知識や医療に関する知識が必要になるのも特徴の1つです。

一方で、直接雇用されるか依託会社を通して勤務をしているかで、業務内容にも差が生じるようです。

病院側に直接雇用されている管理栄養士は、経験を積むことでゆくゆくは病気をもった方に対して栄養指導をしたり、集団の栄養指導、医師や薬剤師などと一緒にチームを組んで栄養管理を行うNSTなどに参加することができます。

委託会社を通して勤務している管理栄養士は、主に調理や食材の発注、献立作成などが主の業務となります。

学校で働く

この仕事は、小中学校や特別支援学校、夜間の定時制の高校で給食の管理を行います。

子供達の成長にあわせた栄養素を考慮して、献立作りをや衛生管理など行います。

調理業務が大半ですが、現在は食育などに力を入れている学校も多く、紙芝居や実際の食材を使って食の大切さについて子供達に指導する機会も増えてきました。

委託会社の管理栄養士は主に調理を担当します。

食育などを担当しより専門的な食の指導をする際は、公務員試験を受け職員になることが必要になります。

企業で働く

この仕事は、社員食堂や社員寮で献立の管理や衛生管理を行います。

食材の発注や食材の調理、衛生管理が、検食などが主な業務になります。

日替わり定食を提供する単一方式や、メインのおかずを自ら選択してもらう選択方式、様々な料理を複数用意しておいて、自分の好きなメニューを組み合わせて選ぶカフェテリア方式など、提供するスタイルも企業によって様々です。

どのメニューを選んでも利用者の人が健康を保つことができるように、栄養バランスを考慮しながらメニューを考案していきます。

また、社員の健康管理のために残飯量を確認しながら、メニューの改善をする場合もあります。

こちらは直接雇用されて料理を提供する会社は少なく、主に委託会社を通して食事の提供を行っています。

スポーツの業界で働く

この仕事は、トップアスリートからスポーツをする子供達に向けて、食事管理や食事のアドバイス、教育などを行います。

試合時のパフォーマンス力を高めたり、毎日の練習でケガをしないために食事の面から選手をサポートしていきます。

運動量が一般の人とは異なり、体重管理が鍵となる選手がたくさんいるので、栄養管理は毎日の運動量や選手の体調を把握しながら細かく行っていきます。

管理栄養士が仕事先として希望することが多い職種ではありますが、職業としての幅がまだまだ狭いこともあり、就職するには難しい場合もあります。

スポーツ栄養の知識を深めるために大学院に通ったり、実業団などにアプローチをしてボランティアなどをしながら実績をつけていく人も多くいます。

特定保健指導の現場で働く

この仕事は、特定保健指導の検診で対象となった方(メタボと判断された人)に対して、対面もしくはITツールを使用して30~45分程度の面談を行います。

その後、機関によって様々ですが、6ヶ月の間に電話やメールなどで継続的な支援を行います。(2018年現在)

健康診断の結果から、どの数値が対象者にとって問題となっているのか、食習慣や喫煙習慣、運動習慣を聞き取り、病気が悪化する前に予防を行い健康なカラダへ改善するために指導を行います。

短時間のカウンセリングになるので、対象者の悩みや食事に関する問題点などを聞き出せるように信頼関係を築くことが大切です。

また、人それぞれ食事傾向や問題点が異なるので、対象者にあった指導を行うようにアドバイスの引き出しをたくさん持っていることが重要になります。

調理の知識とは異なり、病態の知識やカウンセリングスキルが必要になる仕事です。

初心者ではなかなか採用されにくい仕事になるので、ある程度のカンセリング経験を積むことをおすすめします。

管理栄養士の給料は?

管理栄養士として働く場合、気になるのは給料のこと。

実際に管理栄養士はどのくらいの給料がもらえるのでしょうか?

平均年収は300~500万円というデータも

管理栄養士の平均年収は300~500万円程度と言われています。

就職する企業によってボーナスが出たり、資格手当がつくなど給料に関しては大きな差があるようです。

また、首都圏と地方で比べると働く地域によって大幅な給料の差があり、雇用形態によっても差が生じます。

一方で、国家資格ではない栄養士の場合、平均で250~400万円程度と言われているので管理栄養士のほうが若干給料が高くなります。

管理栄養士に人気の仕事は?

管理栄養士の働く先は様々ですが、実際にはどのような仕事が人気なのでしょうか?

実際の管理栄養士の傾向と現状から人気の仕事をご紹介します。

目指す人が多いのは「直営の病院」

直接採用される病院で栄養指導を行い、病気を持つ方へ食事のアドバイスや食事の管理をしたいと希望する人が多いようです。

この場合、委託されて病院に勤めている管理栄養士とは異なり、近い距離で患者さんに寄り添った指導ができるようになるのが魅力です。

また、医師や薬剤師たちと一緒に働くことができるのも魅力の一つです。

そのため、コミニケーション能力やより専門的な知識が必須になります。

しかし現状は、直営の採用枠は少ないと言われていて、新卒でもなかなか就職が難しい場合もあるようです。

そのため、委託会社で調理経験などを積んでから直営の病院に転職をする人もいるようです。

委託の給食会社に勤める人が多数

圧倒的に就職先が多いのは、給食の委託会社に勤めるといった選択です。

委託会社は数多く存在し、どの大学でも委託会社に就職するケースが圧倒的に多いようです。

募集数も多いことから就職もしやすい傾向があるようです。

委託会社に勤めることで、病院や高齢者施設、企業、学校や保育園などの給食施設がある場所へ勤務となり管理栄養士が配属される形になります。

そこで献立作成や調理、食材の発注、衛生管理など管理栄養士としての業務を行います。