管理栄養士になるには

管理栄養士は受験するだけでは取得できるものではなく、国が指定している学校に通う必要があります。

また、4年制の大学に通うだけが手段ではなく、栄養士から管理栄養士を目指す方法もあります。

管理栄養士になるために、まずは知っておきたい基本の項目をご紹介します。

管理栄養士になるには

管理栄養士の養成学校に通う

管理栄養士になるためには、まず国が指定している管理栄養士の養成学校もしくは栄養士の学校に通うことが必要です。

夜間学校に通ったり、通信教育や独学などでは取得できないため注意しましょう。

国が指定している管理栄養士の養成学校に通う

管理栄養士になるためには、国が指定している管理栄養士の養成学校に通うのが一番最短で資格を取得できる方法です。

4年間大学に通い、国家試験の受験資格を取得した後、自身が卒業する年に国家試験に受験することができます。

4年間で資格をとるのは、最短の方法になります。

栄養士の資格を取得してから実務経験を積む

栄養士の資格を取得してからでも、実務経験を積めば管理栄養士の受験資格を得ることができます。

  • 栄養士の資格を持っているけれど、より専門的な仕事がしたくて管理栄養士の資格を取得したい
  • 経済的な理由で、4年間も学校に通うことができないので、栄養士の資格を取得して働きながら管理栄養士を目指したい

など、栄養士から管理栄養士を目指す理由は様々ですが、必ずしも管理栄養士の養成校に通うだけが方法ではありません。

最短1年で受験資格を取得できる

まずは国が指定している栄養士の学校を卒業します。

卒業する学校の在籍期間などによって差はありますが、約1~3年ほど実務経験を積んでから、管理栄養士の受験資格を取得する方法があります。

実務経験の条件は、栄養指導業務を行っていることが必要になります。 栄養指導や栄養相談、献立作成、栄養に関する研究などが当てはまります。

実務経験を証明する書類として、実務証明書というものがあります。

栄養士から管理栄養士の試験を受験するためには必要な証明書です。

勤務していた期間や内容を示した大切な書類になるため、現在勤めている企業や過去に勤めていた企業にお願いをして、証明書の発行をしてもらいましょう。

実務経験の証明となる書類は、管理栄養士の受験要領にある様式を確認してください。

管理栄養士の国家試験に受験して合格する

管理栄養士の資格は、学校を卒業したり実務経験を積むだけでは取得することができません。

国家試験の受験資格を得る

学校を卒業、もしくは必要期間の実務経験を積むことでようやく国家試験を受験することができる切符のような「受験資格」を取得することができます。

年に1回実施される試験に受験する

管理栄養士になるために1番大切な「国家試験を受験する」ことです。

管理栄養士の国家試験は年に1回だけの受験になるため、この1回を逃してしまうと再度1年後の試験を待つことになります。

体調不良で受験できなかった…などにならないように、体調管理はしっかり行いましょう。

管理栄養士の試験内容や合格率にについては

でもまとめているので、あわせて読んでみてください。

管理栄養士の申請を行う

管理栄養士の養成学校に通っている場合は、学校でまとめて申請処理を行ってくれる事が一般的です。

既に学校を卒業している人や、学校で手続きが行えない場合は 厚生労働省のページを参考に必要書類を集め送付しましょう。

顔写真や戸籍抄本など用意する書類がいくつかありますので、不備がないように前もって準備しましょう。

戸籍抄本に関しては、自分の本籍がある地域まで申請しにいくなど手間がかかりますので、早め早めに用意しておくことが大切です。