「管理栄養士」と「栄養士」の違い

食のプロと呼ばれている「管理栄養士」や「栄養士」。しかし、この2つの資格はなぜ名前が違うのでしょうか?とりたい資格によって学校選びが違ったり仕事内容に大きな差があるため、これから資格の取得を目指す方は、この違いをしっかり理解しておくことが重要ですよ。

「管理栄養士」と「栄養士」の違い

管理栄養士と栄養士の違いって?

管理栄養士は「国家資格」

管理栄養士とは、厚生労働大臣が認定する国家資格の1つです。

健康なひとや傷病者に対して専門的な知識と技術を持って給食管理や栄養指導を行います。

管理栄養士は栄養士よりもより専門的な知識と技術で、疾患をもっているひとや高齢者に対して食事の管理や指導をすることができます。

栄養士は「民間資格」

栄養士は、都道府県知事が認定する民間資格の1つです。

管理栄養士の資格は、国家試験に受験し合格することで取得が可能ですが、栄養士の資格は厚生労働省で定められている学校を卒業し国家試験を受けることなく資格を取得することができます。

栄養士は、健康な人を対象に給食の管理や栄養指導を行います。

管理栄養士や栄養士の資格取得方法は?

厚生労働大臣が認定する学校に通うことが必要

管理栄養士の資格を取得する場合は、厚生労働省で定められている大学に通います。

また、栄養士の資格を取得する場合、厚生労働省に指定されている大学や短期大学、専門学校に通います。

通う学校によって卒業する年数は様々ですが、2年〜4年ほどかけて学校を卒業します。

資格の取得は、自分の状況や目的によって学校を選ぼう

資格の取得は、自分の状況や目的にあった学校を選びましょう。

専門的な分野なので、大学の学費は一般の大学に比べるとやや高くなることがあります。

管理栄養士の資格をすぐに取りたい!と思っても、金銭面の問題で4年間大学に通うことが難しくなってしまう場合もあります。

その場合は、途中で学校をやめることになっても栄養士の資格は取得できません。

途中で別の大学や専門学校に編入し、栄養士の資格を取得するなどの方法もあります。)

一方で、専門学校や短期大学は4年生の大学に比べると在籍年数が少ないので学費がやや安くなる傾向があります。

そのため、金銭面の問題で大学に通うことが難しい人も夢を諦めることなく通うことができます。

また、資格を早く取得し社会に出て働きたい、まずは手に職をつけたいなどの目的がある場合は、管理栄養士の資格を取得するより栄養士の資格を取得したほうが早く夢に近づける可能性があります。

独学や通信教育では取得できない

管理栄養士や栄養士の資格は独学では取得できません。

必ず国が定めている大学や短期大学、専門学校に通いましょう。

また、通信教育を受講するだけでも受験資格は取得はできませんので注意しましょう。