管理栄養士とは

食のプロでもある「管理栄養士」ですが、いったいどのような資格なのでしょうか。

管理栄養士について仕事内容や資格取得方法、国家試験について、国家試験の合格率など基本となる項目をわかりやすくまとめました。管理栄養士の資格や仕事の理解を深め、資格取得を目指してみましょう。

管理栄養士とは

管理栄養士とは?

「食べることが好き」「病気の人へ食事のサポートがしたい」など、管理栄養士を目指す人の理由は様々です。

しかし管理栄養士は、専門的な資格のため国家資格に合格しなければ管理栄養士として働くことができません。

実際に資格を取得するため、学校に通ってから「思っていたものと違った」「こんなに勉強するなんて…」と、理想と現実が異ならないように、しっかりと管理栄養士のことを知り、自分の夢や目標に近づけるようにしていきましょう。

厚生労働大臣が認定する国家資格

管理栄養士の大きな特徴は、資格の中でも厚生労働大臣が認定する「国家資格」という部分です。

栄養士は都道府県知事から認定される民間の資格に比べ、管理栄養士は国から認められている資格になるため、より専門的な食事の提供や指導をすることが可能になります。

傷病者や健康な方に対して専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理を行う

管理栄養士とは、傷病者や健康な方に対して専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理を行うことが特徴です。

栄養士は健康な人を対象に栄養指導や給食の運営を行いますが、管理栄養士はより専門的な知識と技術があるので、病気を患っている人や高齢者に対して食のアプローチができるという部分が大きな違いになります。

管理栄養士の仕事の内容は?

管理栄養士は、様々な分野の勉強を行うので仕事も多岐にわたります。

今回ご紹介する仕事は、管理栄養士の人が主に就職する代表的なもの、就職を希望するものを取り上げていますので参考にしてみてください。

病院で働く

病院や診療所などで勤めます。

病気の治療や病気の再発防止、合併症などの予防を意識しながらひとりひとりの患者に寄り添った栄養管理を行います。

医師や看護師、薬剤師などと一緒に医療チームを組むので、高いレベルの栄養に関する知識が必要になります。

給食施設で働く

小中学校や特別支援学校、夜間の定時制の高校に勤務します。

子供の成長にあわせた栄養素を考慮して、献立作りを行い給食の提供を行います。

現在は、食育に力を入れる学校も多く給食の現場のみではなく、子供達に食事の楽しさや栄養学について教える機会もあります。

社員食堂で働く

社員食堂や社員寮、大学の食堂で献立の管理を行います。

食材の発注や食材の調理、衛生管理、残飯量を確認しながら、メニューの改善をする場合もあります。

スポーツの業界で働く

実業団がある企業、スポーツ栄養に力をいれている企業などに勤めます。

トップアスリートからスポーツをする子供達に向けて、食事管理や食事のアドバイス、教育などを行う仕事内容になっています。

食事のサポートを行い、パフォーマンス力を高めたりケガをしないためのカラダ作りをサポートします。

希望する人が多い業界ではありますが、まだまだ職業としての幅が狭いこともあり就職するには難しい場合もあります。

実業団などにアプローチをしてボランティアなどをしながら、最終的に就職させてもらうなどの方法で活躍している方もいるようです。

管理栄養士の資格をとるには?

管理栄養士の資格を取るためには、2つの方法があります。

自分の目的や状況にあった学校を選んでみましょう。

厚生労働省が指定している大学に通う

まずは、最短で資格を取得する方法として、厚生労働省が指定している管理栄養士育成施設に通うことです。

管理栄養士育成施設には、4年間通い管理栄養士に必要な栄養学の勉強や病気の勉強、調理実習などを学びます。

指定されている学校で決めたられた単位を取得した後、「国家試験の受験資格」を取得することができるので、国家試験を受験し合格することでようやく管理栄養士の資格を取得することができます。

学校によって学ぶ内容や特徴が異なるので、希望する学校のパンフレットを取り寄せたり、オープンキャンパスにいって質問することをおすすめします。

また、指定をうけていない一般の大学では、資格の取得はできないので注意しましょう。

栄養士の資格を取得した後に実務経験を積む

栄養士の資格を取得している人も、卒業後に実務経験を1~3年積むことで管理栄養士の国家試験の受験資格を取得することが可能です。

実務経験は、卒業する学校によって年数が異なるのでしっかりと確認しましょう。

この場合、最短5年で管理栄養士の受験資格を取得することが可能です。

栄養士の学校から管理栄養士養成施設に編入する

もともと栄養士の育成施設に通っていて、途中から管理栄養士を目指すために管理栄養士養成施設に編入をする人もいます。

この場合は、編入試験などを受けるので合否の関係や、編入を希望するタイミングで卒業年数も異なってきます。

そのため、編入してから最短で2年で卒業することができ計4年間かけて卒業が可能になります。

その後、国家試験の受験資格を取得することが可能となります。

独学や通信教育では取得はできない

管理栄養士の資格は、指定の学校に通うことで取得することが可能です。

そのため、独学で勉強をして試験を受けることはできません。

また、通信教育などをうけても受験資格を取得することはできませんので注意しましょう。

管理栄養士試験の概要

管理栄養士の資格を取得するためには、管理栄養士の国家試験を受験し合格しなければいけません。

いったいどのような人が対象となり、試験はどのようなものなのでしょうか?

管理栄養士の国家試験受験資格を持っていること

まず、前提となるのは管理栄養士の「国家試験受験資格」を持っていることです。

この受験資格は、国で指定されている学校を卒業しないと取得することができません。

栄養士の資格だけを持っていても、受験することはできませんので注意しましょう。

試験は年に1回のみ

国家試験は年に1回のみの実施になります。

決められた試験会場に出向き、午前と午後の部にわけて試験を行います。

問題数は、午前の部105問、午後の部95問の計200問ありすべて五者択一のマークシート形式になります。

正式な発表はされていませんが、試験の合格ラインの目安は6~7割の正解率と言われています。

また、試験実施月は3月上旬頃に行われ、合格発表は3月下旬になりました。

(以前は3月に受験を行い、合格発表は5月頃でしたので大きく改善されました。)

受験科目は9科目

問題数は200問ありますが、その中でも出題される科目は9種類あります。 問題数も科目数も多いので、広く深く勉強をする必要があります。

出題される科目は下記になります。

  • 社会・環境と健康
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
  • 食べ物と健康
  • 基礎栄養学
  • 応用栄養学
  • 栄養教育論
  • 臨床栄養学
  • 公衆栄養学
  • 給食経営管理論

どの科目も、管理栄養士として働くために必要なものとなります。

管理栄養士の合格率は?

国家試験の内容を知ると、こんなに問題数が多くて自分では合格できないかもしれないと思ってしまいますよね。

しかし、管理栄養士の国家試験は昔に比べると年々合格率が高くなってきています。

問題に関しても、基礎を理解していれば解ける問題も多くなってきています。

年々合格率は高まり2018年では60.8%

管理栄養士の国家試験は、2018年の受験者では合格率が60.8%となりました。

2010年頃は合格率が30%代と今に比べると低い年が続いていました。

2010年以降は、徐々に合格率が高くなってきているようです。

背景としては、国家試験を作っている専門の先生たちがその年によって入れ替わったりするので 難易度が変わったり、管理栄養士の合格者を増やすためなどの目的もあるのかもしれません。

また、受験者のレベルや学校の国家試験の対策レベルなどが年々高まってきているので合格率が高くなることが考えられます。

新卒と既卒では合格率が異なる

管理栄養士の国家試験を受験する人は、大学を出てすぐの新卒者と実務経験を積んでから受験する人、もしくは一度試験に不合格になってしまいもう一度受験をしている既卒者の2つのパターンがあります。

先ほど紹介した、2018年度の合格率は受験者の全体の合格率です。

合格率の内訳を見ると

  • 新卒者合格率:92.4%
  • 既卒者合格率:37.7%

になります。

やはり、新卒は十分に受験勉強の時間が確保できるので合格率も高まる傾向があるようです。

管理栄養士を目指すための大学選びは?

管理栄養士の資格を取得するためには、まずは学校選びが重要になります。

一般の大学では、受験資格は得る事ができないので、国で指定している大学を必ず選びましょう。

また、4年間も通うことになる大学になるので、自分が大学を選ぶ軸は何になるのかをしっかり考えましょう。

例えば、

  • 通学で1時間以内で通う事ができる
  • 学費が安いところ
  • 管理栄養士と栄養士以外の資格もとれるところ
  • 管理栄養士の合格率が高いところ

など、自分が優先したい項目がいくつかでてくると思います。 入学してから後悔しないように、大学選びはしっかり行いましょう。